依頼者インタビュー(5/6)

依頼者インタビュー(5/6)

障害年金の申請窓口に一緒に来てくれ、本当に一生懸命説明してくれました。

弁護士櫻井正弘

–障害年金の申請はどうでしたか?

紙は一人で取りに行けたんですが、申請のときは誰かつれてきてと言われてしまい・・。

–書類が複雑ですからね。

書類の作成、一人ではできなかったと思います。

申請も櫻井先生に勤務外なのについてきてくださり、本当に助かりました。

事情を知っている人でないと、説明できないので。

労務士の人に依頼してまた一からとなると、説明できる自信がないので・・・。

櫻井先生も分かる範囲で説明しますよ、と言ってくださり・・・。

忘れていたけど、確か一回、私は障害年金の申請は諦めていましたよね?なんで、もう一度申請しようと思ったのか・・。

–障害年金なら継続的にお金がもらえるので、ダメ元で申請してみませんか?と私から提案しました。

書類をどこにしまったのかも忘れてしまって。

櫻井先生から提案頂いたんですね。

–代筆できる書類、僕が作りますんで、一度申請してみませんか?と。

気楽な気持ちで、やれることはやりましょうって。

でも櫻井先生、申請窓口で本当に一生懸命説明してくれて。

私泣きそうになって。

–窓口で、示談から3年は障害年金がもらえないって言われて驚いて。

櫻井先生のほうが、窓口の専門の方より詳しくて。

櫻井先生、勉強してくださったんだなって。

たくさん、時間をさいてくださったんだなって。

私よりも、私の症状に詳しくて。

窓口で、私のために頑張ってくださっている姿を見られて、来て頂いてよかったなと。

–障害年金は2級6号ですね。

まともに就職できていないことを考えれば、本当にありがたい年金です。


PAGETOP