症状固定後の問題

症状固定後の問題とは

 症状固定後、重度の高次脳機能障害、遷延性意識障害の場合、自宅や施設において、被害者の介護をする生活が始まります。これらの介護をヘルパーなどに頼む場合、生涯にわたり頼むことになるのですから、その介護費用はかなり高額になります。

 また、ご家族が介護をする場合も、時間と労力を割いて介護をしているわけですから、その労働分は介護費用として補償されるべきものです。自宅や車を介護仕様に改造しなければならない場合は、さらに高額な出費が必要となります。

 これらの費用は、後々の介護のために必要な資金であるので、きちんと賠償されるべきものですが、支出額の未確定な将来分の費用であり、高額となることなどから保険会社も厳しく争ってきます。各項目について詳しく解説していますので、下記よりご覧ください。

症状固定後の問題一覧

事故や労働災害等に遭われた方の介護費用・介護施設について
自宅改造費用・車改造費用について
事故や労働災害等に伴う車イスの購入費用の賠償について
介護ベッドの購入費について

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせメールでの交通事故の相談予約交通事故の相談の流れ

交通事故のご相談新規予約専用フリーダイヤル
メールでのお問合せはこちら
事務所所在地

アクセスはこちら
PAGETOP
運営:福岡県弁護士会所属(登録番号29660)弁護士 宮田卓弥 Copyright © 高次脳機能障害の弁護士相談|弁護士法人たくみ法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.