介護諸雑費

事故被害者の介護諸雑費

会議

 事故によって重度の後遺障害が残り、要介護状態となってしまわれた場合、おむつ代、シーツ代、ウェットティッシュ代等の諸雑費が必要となります。

 このような日常的にかかる諸費用について、その領収書やレシートは逐一保管していないということが多くあります。そのため、経費がかかっていることは明らかですが、実際の経費を把握することが困難であるというケースが多いです。

 そこで、このような諸雑費については、入院雑費の自賠責基準である日額1,100円という大まかな基準が設けられています。相手方保険会社は、そもそも介護雑費を提示してこないという場合もありますが、提示がある場合も、多くはこの自賠責の基準にもとづいた金額を提示します。

 これに対し、裁判基準は日額1,500円であり、弁護士が介入することで増額することが多いです。

 介護雑費については、これらの基準額が一応の目安となりますが、おむつ代等が基準額以上にかかっている場合、その実費は賠償されるべきです。そのためにも、領収書等をしっかり保管しておくことが大切です。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせメールでの交通事故の相談予約交通事故の相談の流れ

治療途中の諸問題一覧

付添いのための交通費について
見舞いのための交通費について
介護諸雑費について
入院個室代について
交通事故のご相談新規予約専用フリーダイヤル
メールでのお問合せはこちら
事務所所在地

アクセスはこちら
PAGETOP
運営:福岡県弁護士会所属(登録番号29660)弁護士 宮田卓弥 Copyright © 高次脳機能障害の弁護士相談|弁護士法人たくみ法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.