弁護士紹介:澤戸博樹

弁護士 澤戸博樹

経歴・出身

弁護士澤戸博樹

 静岡県静岡市(旧清水市)生まれ。

 清水東高校、東北大学法学部を卒業。

 民間の会社へ就職し、約4年間、営業を経験。

 弁護士への道を志し、東北大学法科大学院へ進学・修了し、司法試験合格。

 福岡には司法試験合格後の研修中から住んでおりますが、温かい人柄や美味しい食べ物などが溢れる非常に住みやすい所だと感じ、この街に住み続けたいと思っております。

趣味

 趣味は、ジョギングとボルダリングです。

 ジョギングは、景色を眺め、風を感じながら走るのが気持ちよく、走れない日々が続くと落ち着かなくなります。

 ボルダリングは、まだ初心者ですが、クリアできなかった課題に何度も挑んでクリアできたときの達成感が何とも言えない爽快感があり、没頭するようになりました。

交通事故被害者への思い

弁護士 澤戸博樹

 高次脳機能障害を負った方の中には、一見して何の障害も抱えていないごく普通の人のように見える方もいらっしゃいます。

 実際、高次脳機能障害の患者のご家族でさえ、最初は障害に気付かないことが多々あります。

 具体的な症状は患者により様々ですが、高次脳機能障害により退職を余儀なくされ、夢を諦め、行動範囲を制限された上、日常生活でも、とにかくメモに書き留めるなどの努力をして生活されている方々がいらっしゃいます。

 私たちは、高次脳機能障害を負ってしまった被害者の方やそのご家族が悩まれていること、不安に思われていることをお聞きします。

 そして、被害者の方が負った具体的な障害が後遺障害の認定に反映され、最適な賠償金を得られるようベストを尽くします。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせメールでの交通事故の相談予約交通事故の相談の流れ

PAGETOP
運営:福岡県弁護士会所属(登録番号29660)弁護士 宮田卓弥 Copyright © 高次脳機能障害の弁護士相談|弁護士法人たくみ法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.