弁護士紹介:江藤豊史

弁護士 江藤豊史

経歴・出身

弁護士江藤豊史

 大分県大分市出身です。

 小学生の時に福岡県に引っ越してきてからは、行橋市や北九州市に住んでいました。

 大学卒業後は、佐賀市や佐世保市で専門学校の講師として働きました。

 生徒にわかりやすい授業を提供することはもちろん、生徒募集等の営業や校舎管理等の総務も経験しました。

 その後、福岡地方裁判所の裁判所事務官に任官しました。

 裁判所事務官としては、事件部の立会事務官として、裁判官、書記官と協働して事件処理をしていました。

 裁判所職員時代の平成27年に司法試験予備試験に合格し、翌年の平成28年に司法試験に合格しました。

 司法修習地は、熊本市でした。

 私は、九州6県で生活したことがありますが、どの県もとても魅力あふれる県であり、九州が大好きです。

趣味

 野球と麻雀が趣味です。

 どちらの趣味も、全国大会に出たことがあります(なお、どちらも一回戦負けでした)。

 野球と麻雀の共通点は、一緒にプレーする人と親密になれる点にあると思います。

 司法修習で熊本市にいた際には、趣味を通して、たくさんの人と出会い仲良くなることができました。

 今後も、趣味を通して、たくさんの人と出会い仲良くなりたいです。

交通事故被害者への思い

弁護士 江藤豊史

 高次脳機能障害は、被害者に認知障害と人格変性を生じさせる後遺障害です。

 被害者のみならず、被害者の家族などの親しい人物にも大きな負担をかける後遺障害です。

 高次脳機能障害を負われた方に対しては、適切で十分な賠償が必要であり、そのためには、適切な後遺障害認定が必要となります。

 しかし、高次脳機能障害に関する後遺障害認定判断に関しては、非常に専門的な知識が必要となります。

 私達は、交通事故被害者側専門弁護士として、高次脳機能障害について、法的な知識はもちろん、医学的な知識も日々研磨しております。

 また、私は、裁判所職員としての職務経験があり、事件を裁判所側から見ていたという経験があります。

 高次脳機能障害に関する裁判についてもお任せください。

 高次脳機能障害についてのお悩み等がありましたら、是非ご相談ください。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせメールでの交通事故の相談予約交通事故の相談の流れ

PAGETOP
運営:福岡県弁護士会所属(登録番号29660)弁護士 宮田卓弥 Copyright © 高次脳機能障害の弁護士相談|弁護士法人たくみ法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.